ダイエットには我慢がつきものですよね。けど、我慢がストレスとなり食欲が抑えられないという方におススメのダイエット医薬品があります。その医薬品があれば食事を気にしなくても大丈夫です!

肥満児でもキムチダイエットなら無理なく痩せられる

肥満児とは標準体重より20%以上重く、体脂肪が増加している15歳以下の子どもを指します。肥満児の80%は成人になっても肥満体型のままなので、生活習慣病や関節障害、ガンになりやすいです。子どものうちにダイエットをしておくと、成人になったときの生活習慣病の発症リスクが軽減されます。肥満児のダイエットにはキムチが効果的です。キムチにはたっぷりと唐辛子が使われています。唐辛子に含まれる辛味成分カプサイシンは、中枢神経を刺激して副腎からホルモン分泌を促す作用があります。新陳代謝が活発になって、体内の褐色脂肪細胞の分解が進みます。またカプサイシンは血糖値の急上昇を予防します。血糖値が高いと脂肪になりやすいので、ダイエットでは血糖値の上昇を穏やかにする必要があります。肥満になる遺伝子が存在しますが、カプサイシンは遺伝による肥満でも効果を発揮します。さらにキムチには乳酸菌も含まれています。腸内環境が整って、お通じが良くなれば、体内に蓄積された老廃物が排出されます。キムチダイエットのやり方は、毎日の食事にキムチを取り入れるだけです。食べ方や種類、量に決まりはありません。食事制限をしないので、成長の途中である肥満児に必要な栄養素も摂取できます。ただし、カプサイシンには食欲を増進する効果もあります。ご飯が美味しくて子どもがおかわりを求めても、適切な食事量を守ります。キムチだけでは、辛くて食べられない場合は、納豆を混ぜると良いです。納豆に含まれる納豆キナーゼが、血液をサラサラにします。血行が良いと老廃物を溜め込まない体になるので、むくみが解消されます。また大豆には良質なタンパク質が含まれているのでキムチと食べることで健康的にダイエットできます。